カルテを正確に読み取り、患者さんに請求する診察治療費を計算する業務です。

医療事務の基礎知識や、資格・試験についての情報、女性を中心に人気を集めている理由や効率のよい勉強方法など、医療事務の情報を紹介!

TOPページ > 医療事務の仕事とは > データに基づく会計

データに基づく会計

医療事務の業務の中で、最も重要な仕事です

医師の記入したカルテを正確に読み取り、それに基づいて患者さんに請求する診察治療費の計算を行います。

医療事務の本領と言える事務作業の中でも、この「会計業務」が最も重要な業務といえます。

国民健康保険や社会保険、後期高齢者保険や患者さんによっては介護保険などの適用があり、それらを間違いないよう算出し、会計作業を行う必要があります。

通常の国民健康保険加入者は医療費3割負担ですから、カルテに記入された診察・治療・投薬の諸費用から7割減の金額を患者さんに請求することになります。

診察治療費を間違えるわけにはいきませんので正確さは重要ですし、例え正確でも時間がかかってしまっては窓口が混雑してしまいますので、医療費を正確に迅速に計算する事が求められます。

医療事務の中でも重要な「会計業務」病院の会計管理にも関与し、また患者さんの支払いを確定するのが業務ですから、簿記的な能力や行政に関する基本知識があった方が有利であるといえます。

病院運営を支え、また患者さんのカルテに携わることも出来る、とてもやりがいのある仕事です。

医療事務 通信講座 人気No.1

ニチイ まなびネット

ニチイ まなびネットの医療事務講座
数ある医療事務講座の中でも、医療・介護大手のニチイの通信講座が、堂々の人気No.1!
厚生労働省認定教材ですので、初心者でもわかりやすく、修了後はメディカルクラーク検定2級の受験資格も得られます。

資格の総合サイト「キャリアインデックス スクール」を利用すれば、人気No.2の「ユーキャン」を含む複数の通信・通学講座の資料を一括請求できます。どの資格と講座が自分に適しているか比較して選びましょう。