医療事務の業務形態は病院・医療機関によって様々なケースがあります。

医療事務の基礎知識や、資格・試験についての情報、女性を中心に人気を集めている理由や効率のよい勉強方法など、医療事務の情報を紹介!

TOPページ > 「勤務」に関するQ&A > 医療事務の業務形態は?

医療事務の業務形態は?

医療事務には、具体的にどのような勤務形態がありますか?

医療事務の仕事には実にさまざまな形態があります。

正社員(常勤)・契約社員・派遣社員・パートやアルバイトまで多岐に渡っており、医療事務人気の理由はこの勤務形態の多様さにあるかも知れません。

結婚・出産・ご主人の転勤など、男性以上に家庭の事情で就業できる期間や時間に制限のある可能性の高い女性にとっては、自分の生活リズムに合わせて無理なく仕事が出来るということは、何よりありがたいですよね。

実際の勤務形態・勤務時間は医療機関によって異なり、フルタイムであったりパートとして短時間働くケースもあります。

業務内容も、受付・案内・診療治療費の計算まで全て行うケースもあれば、受付業務・レセプト作成業務など限られた仕事を分業するケースもあります。
また、月末や月初めの多忙な時期にレセプト整理計算だけを専門として業務に就いている人もいます。

ある程度の実務経験・資格を取得していれば、週に数度のレセプト処理業務の委託を受けて仕事することも可能になるなど、病院・診療所などの求める勤務形態と勤務者のニーズが合致すれば、このような変則的な勤務形態も可能になります。

と言っても、いきなり都合のいい勤務契約は出来ませんので、現場で経験を積み、業務に適した資格を取得して医療機関から必要とされる人材になることが必要になります。

医療事務 通信講座 人気No.1

ニチイ まなびネット

ニチイ まなびネットの医療事務講座
数ある医療事務講座の中でも、医療・介護大手のニチイの通信講座が、堂々の人気No.1!
厚生労働省認定教材ですので、初心者でもわかりやすく、修了後はメディカルクラーク検定2級の受験資格も得られます。

資格の総合サイト「キャリアインデックス スクール」を利用すれば、人気No.2の「ユーキャン」を含む複数の通信・通学講座の資料を一括請求できます。どの資格と講座が自分に適しているか比較して選びましょう。