医療事務の資格は10種類以上ありますから、どの資格を取るか考えましょう

医療事務の基礎知識や、資格・試験についての情報、女性を中心に人気を集めている理由や効率のよい勉強方法など、医療事務の情報を紹介!

TOPページ > 医療事務の資格試験 > 医療事務の資格は10種類以上

医療事務の資格は10種類以上

医療事務の資格は10種類以上

当サイトでも代表的な資格を紹介していますが、医療事務の資格試験は複数の団体・法人が主催しており、医療事務関連の資格は10種類以上にも及びます。

このように資格が多岐にわたっている理由として、「国家試験による国家資格・公的資格がない」という点が挙げられます。

医療事務の各資格は、医師免許や看護師免許のような公的な資格ではなく、「この人はこれだけの知識を持っていますよ」という事を証明する、漢字検定や英検のようなものだと考えるとわかりやすいかと思います。

各団体が主催している資格試験にはそれぞれ特徴がありますので、医療事務の仕事の中でもどの仕事(窓口・案内業務、会計・レセプト作成業務など)に関する知識を持っているか、自分が将来的にどのような人材を目指すのかによって、受験する資格試験は変わってくるでしょう。

資格試験の種類と特徴

診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務関連資格の中で唯一の国家認定資格(国家資格ではありません)で、医療保険制度・診療報酬・医学知識・介護保険制度など幅広い知識が求められる資格試験です。

そのため他の資格試験に比べて難易度が高く、医科の合格率は30%前後とかなり低い数字となっています。

医療機関からの信頼の高い資格の一つではありますが、いきなりこの資格を目指すのではなく、他の資格を取得してから狙っていくのが王道でしょう。

メディカルクラーク検定(医療事務技能審査試験)

メディカルクラーク検定は、(財)日本医療教育財団が主催する検定試験で、1級・2級が設定されています。

1級・2級とも受験資格が設定されているため、未経験者が受験するためには通信教育(ニチイの医療事務講座)などを受講し、受験資格を満たす必要があります。

受験資格が必要な分だけ信頼性も高く、人気の資格となっています。

医科 医療事務管理士(R)技能認定試験

「医科 医療事務管理士(R)技能認定試験」は、技能認定振興協会(JSMA)が実施している技能検定で、医療制度・医学一般・保険請求事務と範囲が広く、レセプト作成の実技試験があるのが特徴です。

ユーキャンの講座を修了することで在宅受験が出来ることから取得する人が多い人気の資格で、これから医療事務の仕事に就きたいという方は、まずこの資格取得を目指すとよいかもしれません。


この他にも、「診療情報管理士検定」「保健請求事務技能検定」「医療秘書技能検定」など、医療事務関連の資格がいくつもあります。

まずは医療事務の基礎知識が問われる基本的な資格から取得し、それから実務に合った資格を取得していくとよいでしょう。

医療事務 通信講座 人気No.1

ニチイ まなびネット

ニチイ まなびネットの医療事務講座
数ある医療事務講座の中でも、医療・介護大手のニチイの通信講座が、堂々の人気No.1!
厚生労働省認定教材ですので、初心者でもわかりやすく、修了後はメディカルクラーク検定2級の受験資格も得られます。

資格の総合サイト「キャリアインデックス スクール」を利用すれば、人気No.2の「ユーキャン」を含む複数の通信・通学講座の資料を一括請求できます。どの資格と講座が自分に適しているか比較して選びましょう。