案内業務では、患者さんの名前を呼び、診察室に案内する医療事務の業務

医療事務の基礎知識や、資格・試験についての情報、女性を中心に人気を集めている理由や効率のよい勉強方法など、医療事務の情報を紹介!

TOPページ > 医療事務の仕事とは > 案内業務

案内業務

接客業としての資質も問われる案内業務

お手伝いも案内業務に含まれます案内業務では、診察の順番が来た患者さんの名前を呼び、診察室に案内します。

名前を呼ぶだけではなく、ひとりで歩くことが難しい患者さんのお手伝いなど、状況を見ながら案内する事も医療事務員の業務に含まれます。

また、小規模な病院・診療所では、看護師補助として簡単な診察業務を手伝うこともあります。

医療事務の仕事に就くと、色々な患者さんとの出会いがあります。

体調が悪いということもあり、つい愚痴をこぼす患者さんもいたりしますが、そんな時でも丁寧に対応し、出来るだけ話を聞いてあげるのも仕事のひとつです。

とはいえ、時には医療事務員も仕事が忙しくてついつい気が立ってしまうこともあるかもしれません。

医療事務に関わらず、どんな職場でも人間関係を円滑に業務を行うには、時に自分を律する必要があるものです。

ぐっと堪えプロとして患者さんに接するという意味では、接客業としての資質も必要とされる場面が多々あります。

しかし、親しくなった患者さんに感謝されたり、全快した患者さんを見ると自分の家族のことのように嬉しくなったりします。

この充実感は、一般の事務職ではなかなか味わえないものです。

医療事務 通信講座 人気No.1

ニチイ まなびネット

ニチイ まなびネットの医療事務講座
数ある医療事務講座の中でも、医療・介護大手のニチイの通信講座が、堂々の人気No.1!
厚生労働省認定教材ですので、初心者でもわかりやすく、修了後はメディカルクラーク検定2級の受験資格も得られます。

資格の総合サイト「キャリアインデックス スクール」を利用すれば、人気No.2の「ユーキャン」を含む複数の通信・通学講座の資料を一括請求できます。どの資格と講座が自分に適しているか比較して選びましょう。